藤波の花は盛りになりにけり

藤波の花は、盛りになりにけり、 ふぢなみの はなはさかりに なりにけり         平城(なら)の京(みやこ)を、思ほすや君             ならのみやこを おもほすやきみ                                        大伴四綱   藤は万葉集で「藤波」と表現されるこ…

続きを読むread more

緑の桜「御衣黄」

京都の仁和寺で江戸時代に始めて栽培されたと云えられている桜です。 日本の伝統色「萌黄(もえぎ)」色に似ているので 「御衣黄(ぎょいこう)」 貴族がまとっていた衣の色が名前の由来となっているそうです。 花の盛りになると中心に紅い色の筋が現れます。        花には葉っぱと同じように    …

続きを読むread more

ギリシャ神話と春の花 Part 2

Part 1を見て頂き 沢山の気持ち玉を ありがとうございました。 ギリシャ神話と花にまつわるお話は 同じ花にも幾つかのストーリーがあり 迷いますが Part 2 では「ヒヤシンス」 と 「スミレ」 「ジギタリス」を取りあげてみました。 ※ 文中に時折 ブログ管理人「Topi」の独り言が入ります、 お聞き…

続きを読むread more

ギリシャ神話と春の花 Part 1

ギリシャの神々は人間的なのである。  いや、人間以上に、人間的である。 神様なのに嫉妬深かったり、意地悪だったりと、 とても品行方正とはいえない。 (ヴァーチャル絵画館主題解説=ギリシャ神話より抜粋) ギリシャ神話には 花にちなんだ沢山のお話があります。 何故か 美少年や美少女を殺して…

続きを読むread more

一歩一歩 「春」

冷たい雨が降っては 一歩一歩「春」に近づいて こんな花や あんな花がそろりそろりと顔を見せ始めました。         「パンジー」         フリルのように咲くパンジーです。         貴婦人のブラウスのように         フリフリと咲きます~{%…

続きを読むread more

「すみれの砂糖漬け」とバイエルンの王

「すみれの砂糖漬け」 一番綺麗に咲いている花の部分を 色も香りもそのままに砂糖漬けにしたお菓子です。  オーストリアでは 王妃エリザベート(シシィ)が好きだったお菓子として 今もウィーンのお土産になっていることは 前記事でもご紹介しましたが こちらでは「すみれの砂糖漬け」からの連想ゲーム方式で ちょっと小さなお話…

続きを読むread more