Topiの窓辺から〜♪

アクセスカウンタ

zoom RSS ギリシャ神話と春の花 Part 3

<<   作成日時 : 2009/04/17 15:25   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 40

寒かったり 暑かったり …… で 

人も花も大いに戸惑った「春」 今やたけなわ

頑張っていた私めも ついにかぁるく風邪ひいちゃいましたが

やっと “コンコン”や“くしゃみ”や“ティシュ” から開放され

大好きな「春」を満喫しております。


画像
  桜もようやく散り 今 我家の庭にも 

      咲いたぁ〜♪咲いたぁ〜♪

            チューリップの花がぁ〜

                並ぁらんだ〜♪

                     並ぁらんだ〜



画像



ギリシャ神話と春の花 Part 3は チューリップ で行こう!!

と決心、もうすぐ咲くからと チューリップ の写真待ちして

咲いた!!と イソイソ撮りまくりましたが 

そこはやはり 3日位は寝かせませんとね。   

何とゆーか 私達女性と同じで・・・若過ぎるのってつまり・・・、

青くさいって言うのかな

女性も花も そこそこ成熟した方がビューティホーなのです      

     “そこそこ”ってどれ位でしょうね〜うふふ








「チューリップ のお話」
                 
花言葉「思いやり・真面目な愛」



画像

   海神ポセイドンの娘 チューリップは

   純真で愛らしいニンフ(自然の精)でした。

    ある日 庭園と果樹園の神ベルタムナスが、

    このまだ幼いニンフをみそめます。

   



画像


   彼は気をひこうと 花や小鳥に変身して見せましたが、

   チューリップの警戒心はとけません。

   ついにベルタムナスはチューリップを

   さらっていこうと手を掛けます。

   チューリップは恐ろしくなり、貞節の女神アルテミスに

   助けを求めました。

   アルテミスは願いを聞き、チューリップを

   一輪の花に変えたのです。




2005年 花にまつわるギリシャ神話 個展作品の解説より。
http://sacla-kimidori.com/shinwa%20folder/005shinwa.html


この時代にも[ストカー規正法]は必要だったと言う事ですね




チューリップには早咲きの品種と 遅咲きの品種があります。

背丈も数種類あるので 球根を植える時に考慮して植えれば

結構長い期間 チューリップを楽しむことができます。

昨夜は冷たい雨 遅咲きのチューリップはまだ蕾を硬く閉ざしていますので

早咲きの花だけですが・・・。



画像画像




















画像画像




















画像画像





















今年の変わり咲き 2種



画像          フリンジ咲きチューリップ

         花弁の先がフリンジ状に細かく切れ込んでいます。

画像













         


画像         パーロット咲きチューリップ 

         花弁のフリルがゴージャスですよ

画像








          














スターダスト様の お花の絵が可愛いくて 物語を二つ追加です・・・



「パンジーのお話」  

花言葉「もの思い・心の平和」 


画像
                                          
     愛の神エロスが地上に降りたった時のこと、

   野原の雑草の中にひときわ可憐な花を見つけました。

       甘い香りのするかわいらしいこの花を、

     エロスは大変に気に入り そっとキスをしました。

         パンジーはエロスの面影を宿して、

       優しく可憐に咲くのだと言われています。





 
2005年 花にまつわるギリシャ神話 個展作品の解説より。
http://sacla-kimidori.com/shinwa%20folder/005shinwa.html





「すみれのお話」

すみれはどーして紫色なの? 


                    ある時、ヴィーナスが乙女達の踊っている姿を見て、

画像          息子のキューピットに乙女達と自分とどちらが美しいかを
          
          訊ねたところ、彼は乙女達と答えました。

          怒ったヴィーナスは乙女達を紫色になるまで殴ったといいます。

          気の毒に思ったキューピットが乙女達を 

                   すみれの花にしたと言われています。



          

ブログ♪花言葉と誕生石からの幸せレター♪より抜粋させて頂きました。
http://www.jttt149.net/index.html
  



                    
画像



絵は画像様より拝借いたしました。





ギリシャ神話に登場している花にまつわる物語はまだまだありますが 

春に我家の庭に咲いた花の中から 知っているお話や始めて知るお話を集めてPart 1〜3まで、  

お心に残るお話はございましたでしょうか

皆様 お付き合い頂き ありがとうございました。












テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい

コメント(40件)

内 容 ニックネーム/日時
お久しぶりにお邪魔します。お庭がチューリップ畑のようで幸せを感じます。チューリップの花言葉は思いやりに真面目な愛・・・
年を重ねる事に重みを感じます。
myself
2009/04/17 15:39
桜が一段落し、チューリップが出番となりましたね。最近では、過激なファッションセンスを持ったチューリップが現われたようですね。ピンク色のギザギザさん、あなたの事ですよ〜(笑)
ところで・・・
チューリップに恋をした神ベルタムナスは、ストーカー行為をしていたのですね。男として気持ちは分かりますが、行き過ぎはいけませんよね。
私も気をつけましょう。Topiさんをお花にさせないように・・・(笑)
庭花
2009/04/17 16:18
バタバタしていて、外出もままならず(-_-;)
綺麗なお花と素敵なお話有難うございます
チューリップの話、可愛い!
モモ
2009/04/17 16:41
春らしく暖かな陽気になりました。
花と神話をたのしく読ませていただきました。花の寄せる人々の思い、たくさんの人たちの喜びや悲しみがあったのですね。豊かな神話の世界を思い起こさせていただきありがとうございました。
森の生活
2009/04/17 16:55
☆myself☆さま お久しぶりです、ようこそ。

PCの調子は もうすっかり回復でしょうか?
私もいつもハラハラしながら どんどんつまらないものを
この箱の中に詰め込んでいます(>_<)

チューリップの花言葉のように“思いやり”や“真面目な愛”を
日々心にかけているつもりですが…イマイチ(笑)
なので 仕方なく庭のお花達に“愛”と“思いやり”を
注いでしまいます
Topi
2009/04/17 17:00
☆庭花☆さま ようこそ こんにちは。

赤いフリルのチューリップは決して可憐ではありませんでした(^^ゞ
でも ピンクのギザギザのチューリップは可愛いんですよぉー、
「過激」or「あなたの事」…うぅーん悩むぅー。
やっぱり勝手に解釈して「可愛い」ってことにしてしまおかな(独り言)

ヤレヤレ、ブログでよかった 
神話の時代に私なら 花壇の縁の石ころにでもされそぉー

Topi
2009/04/17 17:29
☆モモ☆さま ようこそ こんにちは。

お孫ちゃま日々大きくなられているでしょうね お楽しみですね。
子守疲れでフラフラなのでは? しばらくは どうか頑張ってくださいね

わざわざお越し頂いき恐縮です ありがとうございました。

Topi
2009/04/17 17:38
☆森の生活☆さま ようこそ こんにちは。

信州の森にも「春」がやってきたのですね(^^♪
信州で見た山頂のお花畑が忘れられません。

お花が咲くと人の心の中の悲しい事や苦しい事が何処かに消えて
しまうのか 笑顔が増えますね。
神話の世界は人の本質を極端な言い回しで表現しているのでしょうね。
こちらこそ いつもお付き合い頂き感謝いたしております 
Topi
2009/04/17 17:57
こんばんは^^
も〜〜、チューリップを堪能しましたよ〜〜。
庭にそんなに色々な種類があるなんて、流石 Topiさん、年季入ってます。
そうね〜〜私の仲良くしてる人も女は成熟してる方がいいと言います〜〜。
年だけ成熟してるbettyさんです。
精神年齢低し。。(苦笑)☆彡

betty
2009/04/17 18:45
こんばんは!
Part3を待ちわびていました。
またまた面白いお話でした〜♪
ギリシャの神様って色恋のお話が多いと思いません?
それに気に入らなければ紫色になるまで殴ったなんて…愛の神ヴィーナスともあろうものが、なんてことをするのかしら。
白やピンクのスミレは難を逃れたのでしょうか。
スミレやチューリップがますます愛おしくなるお話、ありがとうございました。
うふふ
2009/04/17 21:20
チューリップもギリシャ神話の神様の名前だったのですね。
やはり春はチューリップですよね。フリル付きなんて綺麗なんでしょうね。
そして、すみれまで神様?いやこっちは単に娘たち。紫色になるまで殴られるとは西洋の昔話って怖いですね。(笑)
ああじゃん
2009/04/18 07:26
お体の具合は如何ですか?この頃にひく風邪はいけませんね〜
それにしてもお庭のチューちゃん達の素晴らしい事ぉ〜
ビューティホー♪の言葉につきますね。
フリンジ咲きは ハウステンボスって命名されていました(笑)

それにスターダスト様の絵の素敵な事ったら、ため息物ですね。
野のすみれも いま少し郊外でいろいろ見られて花よ蝶よと浮かれました。
紫のスミレにはドメスティック・バイオレンス(DV)の哀しい過去が有ったのですね〜  我が家は パンダスミレが首を長くしてお花を咲かせ始めています。
nobara
2009/04/18 11:27
☆betty☆さま ようこそ こんにちは。

今 お庭では チューリップ達が暑そうに目いっぱい花びらを広げていますが bettyさんが仰っていた様に 夕暮れ時になると写真の姿に戻ってすまし顔でいるのも可愛いところですよね(^^♪
精神年齢が低いって大切ですよ、それが何時までも若くいられる秘訣ですものね…しかしながら“年”なんて言わずに“肉体的に成熟してる”って言いましょうよ(^_-)-☆  
そうすれば真っ赤なパーロット咲きチューリップのようにゴージャスな女性に聞こえるでしょ(笑) 
Topi
2009/04/18 14:27
☆うふふ☆さま ようこそ こんにちは。

待って頂いたなんて〜嬉しいです♪ありがとうございます。
>色恋のお話が多いと思いません?
ホント!! 本能に近いものからお話になるのかも知れませんね

愛のヴィーナスともあろうお方がそんな事をするのなら むしろ私の方が「愛」の○○○○スに相応しいと思いますが…ダメでしょうか?(笑)
白やピンクのスミレは陰から怖々見ていたんでしょうねぇ、
それじゃ紫色は“アザ”ってことですか

バカな事を言っておりますが (^^ゞ
こちらこそ いつも温かなコメントをありがとうございます。
Topi
2009/04/18 14:50
☆ああじゃん☆さま ようこそ こんにちは。

日本もギリシャも神様多いですね(^^) 古〜い昔の分らない事は何でも神様がらみにしておきましょうって感じでしょうか(笑)

>西洋の昔話って怖いですね。(笑)
子供の頃本好きで 学校の図書館から毎日借りて帰って読みましたが 童話・お伽話の類は結構残酷でしたね。
子供を相手に下半身が魚だったり、施す物が無くなったから宝石と言えども目玉をあげたり、おばあちゃまを想って最後のマッチの炎と共に天国へいったり、良い行いが認められなくて失意と空腹のまま大好きな絵の前でワンまで一緒に死んで行く…等々「こんな悲しみに引き換えあなたは幸せよ!!」「ここまでして困っている人を助けましょ」って教訓だったのですか?
小さな私には ひたすら悲しかったような気がしますが でもいい子で育ったみたいだしぃ〜(笑) まっいいか
Topi
2009/04/18 15:20
☆nobara☆さま ようこそ こんにちは。

お陰様でここに来て全ての症状から開放されたなって感じです、ご心配いただきありがとうございました。 

nobaraさんの「ハウステンボスのチューリップ祭り」は綺麗でしたねぇ、好い時に行かれそしてUPして下さったなと思っています
我家のチューリップ祭りもそろそろ終わりですがハウステンボスのような大きな場所では無いので日陰も多く そんな場所に植えたチューリップはこれから咲くので楽しみにしています。

スターダスト様の絵素敵でしょ、HPでもお世話になっているので使わせて頂きました。 白い背景ならもっと可愛いのですがブログではどーしてもラインが消えないのでいっそ背景を同系色にと、今回絵を中心に考えて見たんですが思うようには行きませんでした(>_<)

神話の世界も現代の社会問題と何ら変わりませんね 
DVあり・ストーカーあり(笑)
ベランダガーデン素敵に咲かせておいでなのでビックリしています^^
Topi
2009/04/18 15:48
Topiさん、写真のラインを消したい時は、この方法で・・
わたしは結構使っています。ただ横に何枚か並べる時は使えませんが・・

★【枠線を無くす時】★サイズ指定タグの後にある class="up-image" を削除して、そこに  style="border-style:none;"  を貼り付けます。前後に半角の空白があるのは削除しないでね。 この部分をメモ帳にコピーしておき使っています。お試し下さいね(*^-゚)⌒☆ 疑問がお門違いでしたらお許しをm(_ _)m
nobara
2009/04/18 17:36
子どもの頃に読んだ辞典でナルキッソスの神話は知っていましたけど、ほかにもいろいろとあるんですね。
道端の花壇で咲いていたチューリップをカメラに収めようと思ったら、別のひとがカメラを構えていたので、なんとなく恥ずかしくなって通り過ぎてしまいました……。
ネコ丼
2009/04/18 21:02
☆nobara☆さま ご親切にありがとうございます。

早速 一番下のチューリップの絵で試してみましたが まだ枠入りですね(^^ゞ
今は あせっておりますので明日にでもきちんと試みてみます、だめな時にはまた色々とお知恵を拝借に上がりたいと思っておりますが ご面倒にならない程度にお付き合いくださいますよう、よろしくお願い致します。
そうそうnobaraさんの横並びのお写真も 上手にこなしておいでになりますね、どうしてこんなことが出来るのかしら?って思いながら拝見しています。

ご親切本当に嬉しかったです!感謝<(_ _)>
Topi
2009/04/18 21:32
☆ネコ丼☆さま ようこそ こんばんは。

ナルキッソスの「水仙」のお話は神話の中でも特に有名ですね。
人は結構ナルシストな面がありますね^^; 
そんな気配が無くなってきたら逆に少し心配だったりして(笑)

あのカメラはいいですね、小さいのに高性能で、ついでに言うならば
自転車もいいしケトルだって…きっと とってもお洒落な人だって
結論に達しています。
更に言うならば恥ずかしがり屋さんでお尻と頭頂部に問題をかかえている人だってことまでバレバレなんですから もう人を気にせずに写真ガンガン撮ってくださいね (^_-)ニヤリッ☆
Topi
2009/04/18 22:33
ははあ、なるほど。神話って面白いですねえ。花それぞれに神話があるってのも、何とも不思議というか神秘的です。
チューリップは今もの凄く沢山の品種がありますから、上手くアレンジメントすると楽しい花壇になりますね。
ヒゲおやじ
2009/04/18 23:10
☆ヒゲおやじ☆さま ようこそ こんばんは。

今で言えば“ヒゲおやじ”さまのような賢人がいて(^^) 身近なもの何でも創作話にしたものを 人から人へと語り継がれて来たのでしょうね。
神話や伝説やお伽話等には 所変われど何処か似ているお話が古今東西にあるように思えます。

球根植物は養分を貯蔵しているので 素人でも綺麗に咲かせることが出来て嬉しくなります、でも近頃「土作り」についてヨチヨチと歩き出しつつある私です(笑)
Topi
2009/04/19 01:13
他の方もコメントしていらっしゃいましたが、
ヴィーナスって、ぜんぜん愛と美の女神じゃないですね。
そのくらいのことでボコってちゃだめですよね。
「愛と美の女神」という肩書は、そういう恐怖政治の中で無理やり手に入れた役職だったんですね。

それにしてもフリンジ咲きのチューリップって…。
なんか市中引き回しの刑にあって、ズタボロになっちゃった、みたいな。
ぎょっとしたのは僕だけでしょうか??
Beehive 〈S〉
2009/04/19 01:53
Topiさん、おはようございます。
しばらくご無沙汰でした。

桜も終わってチューリップがわが世の春を謳歌していま
すね。チューリップにまつわる神話、へえ〜そうなの〜
と興味深く読ませていただきました。
神話の世界って面白い!でも結構怖いお話が〜
チューリップもいろんな種類が出ているんですね。
フリンジやらフリフリやら。
チューリップの花園、楽しめました。
いつもばらいろ
2009/04/19 09:28
こんにちは。
本当に、急に初夏の陽気だったのが、寒くなったり、どしゃ降りの雨だったりで・・・身体がついていきませんねぇ〜
親指姫の挿絵にできそうな写真ですね。
可愛らしいです。
double cherry
2009/04/19 11:58
☆Beehive (S)☆さま ようこそ こんにちは。

恐怖政治の中で無理やり手に入れた役職って…言い得手おもしろい!!
仏教にも「鬼子母神」ってありますね。
(鬼神・般闍迦の妻で、500人(一説には千人または1万人)の子の母でありながら、常に他人の子を捕えて食べてしまうため、釈迦は彼女が最も愛していた末子・愛好を隠して子を失う母親の苦しみを悟らせ、仏教に帰依させた。以後、仏法の護法善神となり、子供と安産の守り神となった。)
神や仏は“善の部分と悪の部分が…”なんてお話 
S君もしていたような^^
「善」ばかりでは「善」を諭すのは困難なのかもですね。

フリンジ咲きのチューリップについては 見ようで確かに麻布がズタボロ風でもあるけれど…あの色を見よ!美しいではないか!!
>ぎょっとしたのは僕だけでしょうか??
\(゚ロ゚ )コラァ−そんな事言うのは 君だけです(笑)
君の心に愛の息吹をフーフーして上げれば「椿」も「チューリップ」にも ただ愛されたいだけのために精一杯咲いているって事が解ってもらえるかしら 
Topi
2009/04/19 14:50
☆いつもばらいろ☆さま ようこそ こんにちは。

お疲れ出てはいませんか? 
海津大崎は琵琶湖一周すれば必ず通るでしょうからわざわざお伝えするまでも無かったのに(>_<)と反省いたしました(笑)
でも全ての行程に夢の様な桜がいつぱいで、どんぴしゃりの素晴らしい記事にうっとりいたしました。 
しかし反面 その為に道路事情はより厳しくなって 
よくご無事でと安堵いたしております。

いつも勇気を頂戴しております、ありがとうございます。
Topi
2009/04/19 15:02
☆doyble cherry☆さま ようこそ こんにちは。

桜が散ってやっと落ち着いた「春」の陽気になりましたね(^^)
外出時の服装にも この季節は悩みます、身体の体温機能も狂いがち。
お身体お大事になさってくださいね。

親指姫の挿絵だなんて 嬉しいです
親指大のお人形を乗せて写真に撮りたくなっています(笑)
本気です・・・単純ですから(^^ゞ お楽しみに〜うふふ

Topi
2009/04/19 15:16
こんばんは。
風邪の方は大丈夫ですかあー。
こちらはまだ朝晩はファンヒータは活躍中です。
私も風邪引き屋さんのがうつったのかもしれまんね(笑)
春は花々も見事ですが体調管理も大事にしなければなりませんね。。。
Tomo
2009/04/19 19:05
☆Tomo☆さま ようこそ こんばんは。

そうね よく風邪をひいてらっしゃいますが(^^)
でもパワフルに活動もされているから きっと頑張り過ぎるタイプ?
私は 例のナントカだから 普段はあまり引かないんですが
Tomoさん送ってくれましたぁ〜? 

Tomoさんの“しぶき氷”は本当にすごかった、感動的でした…、
でもね あれで風邪ひかないなんて それは無い〜(^_-)-☆

そちらはまだまだ朝夕寒そうですから 大切にしてくださいね、
また送って下さっても受け取りませんからね(笑)
Topi
2009/04/19 21:42
摩訶不思議なお話と、数々のお花、面白く拝見しました。
本のページをくっているような素敵な構成ですね〜〜
山形ママン
2009/04/20 10:30
コメントありがとうございます。
芸術的なお花のアングルですね。とても綺麗です。色々と勉強になります。風邪をひいていたのですか?無理しないで下さいね。また遊びに来ます。
dragon pearl
2009/04/20 10:39
☆山形ママン☆さま ようこそ こんにちは。

ママンさまの桜 本当に綺麗でした(^^♪
肝心の盛りに風邪気味で こちらの桜はすっかり葉桜になってしまいましたが ブログを点々と桜前線にそってお尋ねして行く楽しみ方もなかなか良いものでした、沢山の桜に感動を頂きました^^

>本のページをくっているような構成
楽しいお話を見つけて写真や絵とコラボ 神話に限りませんね〜♪

お星様のパッチワーク素敵に出来上がりつつありますが 色使いや精密さに驚きながら拝見いたしました。

Topi
2009/04/20 12:16
☆dragon pearl☆さま ようこそ こんにちは。

風邪のお見舞いを頂き また写真のお褒めに預かりとても嬉しいです
ありがとうございました。

季節の変わり目は dragon pearlさまもいくら「dragon」と言っても
お身体は十分においといくださいませね(^^ゞ

またお遊びにお出でいただけるよう 楽しいブログを心がけます
どうか よろしくお付き合いくださいますよう

Topi
2009/04/20 12:54
今日はTopiさんお元気ですか。ギリシャ神話は、どれを聞いても人間らしいものばかりですね。人間社会そのものという感じかな。本当に神様なの、と疑いたくなるほど、人間に近い。
 えーと、何の話でしたっけ。そうそうチューリップの話でした。キレイな花ですねぇ、女性が好きなわけだ。花言葉は、真面目な愛。フムフム、チューリップのような清純で美しい女に「真面目に愛」されたら、わたしはフニャフニャと溶けていたでしょうねぇ。うちのカミサンが、そうだと思ったんだけど。でも今まで、わたしは溶けていない。どういうことなの?
donatadeshoka
2009/04/20 18:18
☆donatadesuka☆さま ようこそ こんばんは。

ハーイお陰様で 風邪もすっかり何処かに飛んでいったようです。
ご無沙汰お許しくださいませ(^^)
donatadesukaさまも お変わりございませんか?

ギリシャ神話の神々ったら その辺のオジサンやオバサンとあまり変わらない精神状態ですね、困ったこと(笑)
でもその姿はなんとゆーか優雅なんですね…竪琴や月桂樹の冠をオヤジが真似ても 様になりませんし オバサンだって裸で花園にたたずんでも変な人って言われるだけですから 好き勝手できるのはやっぱり神様の特権でしょうか(^_-)-☆

もう1つの「カミサン」の件は何だか“おのろけ”にしか私には聞こえません

>うちのカミサンが、そうだと思ったんだけど
その様に言える人は すでに「思いやりや真面目な愛」に巡りあっておいでになるものです^^;  
すっかり当てられておりますね 私も欲しいものです→ 
ごちそうさまでございました♪
Topi
2009/04/20 22:38
こんばんは。
ギリシャ神話に花にまつわる話が多いんですね。
興味深く読ませていただいています。
しかし、ヴィーナスさんは怖いですねぇ。
この頃の神様は人間と同じですね。
コラン
2009/04/21 19:46
☆コラン☆さま ようこそ こんばんは。

お加減はいかがですか、大好きな撮影にお出かけになれなくて 寂しい思いをなさっておいでなのでは?…と心配いたしております。
撮影旅行と言っても案外体力を必要としますから ここはうんと養生なさって また素晴らしいお写真を拝見させてくださいませね(^^)

まだまだギリシャ神話には花のお話があるようですが、我家の庭で咲く花の中では あとバラと百合といった所でしょうか。
バラの蕾が膨らんでいます、もうすぐバラの季節です。
百合も茎を20cm位に伸ばしています。
バラが咲いたらUP致しますので またお手すきの折にでも
お立ち寄り頂ければとても嬉しいです


Topi
2009/04/22 01:29
はじめまして。こんばんは。
モモさんページから来ました。

凄い!!素敵です。
トップページ見て感じました。

「すみれの砂糖漬け」とバイエルンの王  実は気に入りました。コメントしてませんが、凄く関心+感激。

いつの時代も、夢が壮大で、その夢を実現しようとする人々に翻弄されてしまうのですね。
世界大戦も、三国志も、源平の戦いも。
強い意志・思いを持つことが必要なんですね(自己解決でした)
GodFather
2009/04/22 21:46
☆GoodFather☆さま ようこそ こんにちは。

お越し頂いてとても嬉しいです、 そして過分なお褒めに預かり
恐縮致しております・・・ありがとうございます。

兵庫県に在住しています、あの震災の時に“人はいかに小さいか”を痛切に感じました。
土の中にせっせと巣穴を拡げてゆくアリとなんら代わらないと(^^ゞ
いくら大きな夢だと思っていても所詮「井戸の中の蛙」だと言えなくも無いのでしょうけれど…、でもでも夢は持ち続けたいし、ただし人をも幸せに出来る夢がいいですね(^_-)-☆

楽しくお付き合いの程 どうぞよろしくお願い致します。
Topi
2009/04/23 12:30
ギリシャ神話と春の花 Part 3   Topiの窓辺から〜♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる