Topiの窓辺から〜♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 路傍のすみれ一輪

<<   作成日時 : 2009/03/01 13:18   >>

かわいい ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 38

今日 小さな幸せ発見\(^o^)/



公園を抜けて小さな森に向かう遊歩道の片隅に小さなスミレが一輪



画像



                                            

きっと 近くのお花畑から 『飛びスミレ』 して来たのよね 

もうすぐ 次のお花も咲くね 




小さな横幅9センチのコンデジを縦にして撮ったけれど

お花の背丈の方がカメラより小さくて・・・チビ 

ホント 可愛いかった♪ 



 


これは たぶん 「ニオイスミレ」

“プリンセス・オブ・ウェールズ”だと思うのです  








「ニオイスミレ」は スィート・ヴァイオレットとも呼ばれ 

古くから栽培されているハーブです。

エディブルフラワー(edible flower)として 花の部分を砂糖漬けにしたり

サラダにと 色も香りも素晴らしい食べ物になります。


オーストリアでは 王妃エリザベート(シシィ)が好きだったお菓子として

今もウィーンのお土産になっている程です。



フランス ではナポレオンがこよなく愛した花です。

エルバ島に流されるときナポレオンは 「菫が咲く春に戻ってくる」 と言い

翌年 言葉の通りにパリに帰ってきたので 復活のシンボルとなり

支持者達の標章にもなったそうです。



ナポレオンが死んだ時 胸のロケットの中には

愛する妃ジョセフィーヌの写真と共に 枯れた

「ヴァイオレット」の花が入っていたんですって〜ワオッ!





 「ニオイスミレ」

寒さには強いが暑さにはかなり弱い多年草である。

西アジアからヨーロッパ、北アフリカの広い範囲に分布し、また、バラ、ラヴェンダーとならぶ

香水の原料花として、古くから栽培されている。



草丈10-15cmで、茎は匍匐し、葉は根生で、他のスミレ類と同じく、ハート形である。

花は露地植えでは4月から5月にかけて咲き、左右相称の5弁花で、

すみれ色またはヴァイオレット・カラーと呼ばれる明るい藍色が基本だが、

薄紫・白・淡いピンクなどもあり、八重咲きもある。

パンジーやヴィオラに比べると、花も小さく、花付きも悪いが、

室内に置くと、一輪咲いているだけで、部屋中が馥郁たる香りに包まれるほどの強い香りがある。

また、種子や根茎には神経毒のビオリン等があり、嘔吐や神経マヒを発症することがある。

ヨーロッパでは消炎剤として利用されている。


                 『ウィキペディア(Wikipedia)』参照させて頂きました













テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
かわいい かわいい

コメント(38件)

内 容 ニックネーム/日時
きっと、近くのお花畑からの「飛びスミレ」でしょう。よく見つけましたね。一輪だけというのもいいものです。もうすぐ次が咲きそうですから、様子を見に行く楽しみが出来ましたね。*小さな幸せ発見!
庭花
2009/03/01 14:52
☆庭花☆さま お立ち寄り頂きありがとうございます。

次が咲くかと思うと 見に行きたい気持ちでソワソワです、
ワンが“おしっこ”かけていたらどうしましょ…トホホ。

今日は 風はまだ冷たいですが ポカポカ陽気なので 戸外に出るのが嬉しくてたまらない私ですが、花粉の影響で涙目の人が多くて 私一人浮かれているのも 少々気が引けるぅ〜って感じなのです(笑)
Topi
2009/03/01 15:40
こんにちは。
路傍のスミレ一輪、よく見つけましたね。
なんて可憐なのでしょう。
綺麗な紫色!春の訪れですね。
「飛びスミレ」という言葉もとてもロマンチック
です〜♪
いつもばらいろ
2009/03/01 16:56
こんばんは。
鮮やかな紫色のニオイスミレですね。
ナポレオンが愛した花と聞くと歴史を感じると共に気品さも感じますね。。。
Tomo
2009/03/01 19:57
こんばんは。
嬉しい発見ですね。
小さな春の使者。飛びスミレという表現も素敵^^
早く雪がとけて、花が咲かないかなぁ〜♪
湖のほとりから・・・
2009/03/01 20:37
こんばんは!!
飛びスミレ。素敵な言い方ですね。
Topiスミレ…じゃないのね。フフフ
私、昔からスミレを見ると必ず「あっ、スミレ!」って声に出してしまいます。
どうしてなのでしょうね。
うふふ
2009/03/01 21:16
☆いつもばらいろ☆さま お立ち寄り頂きありがとうございます。

気になって同じ道を夕方にも歩いてみたのです(^^ゞ
よく見つけたなと改めて驚くほど小さくて、それでも二つ目の花が開き始めていましたよ〜♪

可愛いお花の事とてお許し頂けるかと 菅原道真公の『飛び梅』を拝借(笑)
Topi
2009/03/02 00:11
☆Tomo☆さま お立ち寄り頂きありがとうございます。

スミレは驚くほど歴史があるんですねぇ(^^)
ギリシャ神話にもシェークスピアにも登場するそうです。
パンジーやビオラの原種のようなものだと考えられますものね、そう思うと古くからあっても不思議ではありませんね。
Topi
2009/03/02 00:20
☆湖のほとりから…☆さま お立ち寄り頂きありがとうございます。

少し位「春」らしくなってからって 一足お先に浮かれちゃって
ごめんなさ〜い(^^ゞ
日本列島は縦長だから みんなで楽しく「春」を迎えられませんね。

でも北海道は「春」と「夏」が一斉に来たかと思うようなお花の咲き方をするでしょう…あれ素敵(^^♪
Topi
2009/03/02 00:30
☆うふふ☆さま お立ち寄り頂きありがとうございます。

アハハハハTopiスミレ、あったら嬉しいですねぇ〜(^^♪
交配させて新種が出来たら命名できますが…あっ命名と言えば お孫ちゃまの命名は?
>昔からスミレを見ると必ず「あっ、スミレ!」って声に出してしまいます。
命名→「スミレ」なら大丈夫です(爆)

Topi
2009/03/02 00:39
“プリンセス・オブ・ウェールズ”と言えばダイアナ妃を思い出します。
そういえば、そーゆー名前の薔薇もありますよね。
ネコ丼
2009/03/02 00:48
☆ネコ丼☆さま お立ち寄り頂きありがとうございます。

そうですよ、そーしてきちんとした会話も出来る方なのですから
も少し品のいい話題にコメントさせてくらさいナ

Topi
2009/03/02 01:17
「飛びスミレ」楽しい呼び名ですね。
うちでは子石の間から顔を出します。見つけた時は健気な顔に嬉しくなりますね。
たんぽぽ
2009/03/02 13:20
いい色のすみれですね。飛びすみれ、やさしい言葉、春の言葉ですね。
森の生活
2009/03/02 18:43
☆たんぽぽ☆さま お立ち寄り頂きありがとうございます。

お庭にあると何処にでも飛び出して 次の年にひょこっと顏を出しますね。
小石の間からのスミレも可愛いでしょうね〜♡
私の所では芝生に顏を出すので 芝刈り機で刈られるのが可哀想で植えるのを諦めました そのせいか道端での出会いがより嬉しかったです(^^♪

Topi
2009/03/02 20:26
☆森の生活☆さま お立ち寄り頂きありがとうございます。

背丈もお花もそれはそれは小さいので こまめに花がら摘みが出来ません^^;
そうすると種が出来てパチンとはじけます。
小さな小さな種だから風にも乗るでしょうし 意外なほど遠くに飛ぶんですね
次の春にはいろんな所で可愛いお花が咲きます。
春の楽しみのひとつです〜♪

Topi
2009/03/02 20:38
へぇーと、感心しながら読みました。
すみれも、ビオラもパンジーも。
みーんな「すみれ」と言っている。
花を植えても名前を覚えられない私です。
モモ
2009/03/02 21:59
うちの子が西風に乗って行ったのかな〜〜ぁはは
我が家のは 八重様でございました。菫は一重がいいですね〜〜
大きく写っているから てっきり パピリオナケアかと思ってしまいました。山渓さんに依ると長い事、ニオイスミレと混同されてたらしい経緯が・・香りを嗅ぐと一目(鼻)瞭然ですね(^O^) 飛び菫とはいかにもTopiさんらしい〜ネーミングぅーだわ。野のスミレ大好きです。どっか探しに行かなくちゃ〜九州はスミレの変わり種が多いらしいんですって! コーラスの発表(3/1)終えました。本番に強い我がグループでした(-_-;)
nobara
2009/03/02 22:26
まさしく小さな幸せですね。
とっても幸せな気分になりました。小さくても力強いですね。
こんな存在感が欲しいですね。
ああじゃん
2009/03/02 22:46
☆モモ☆さま お立ち寄り頂きありがとうございます。

かく言う私も花を植えるのは 目に入る光景を自分の感覚に合わせたい為であって 可愛いとか綺麗とか見た目と気分が優先(これって視覚派と感覚派がまぜまぜ人間かも?)だから正直ブログの記事にしないのなら花の名前よりも色・形・背丈・香りが先決です(^^♪

>ビオラもパンジーも。みーんな「すみれ」と言っている。
モモさん それ間違いじゃないです!
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』にも
下記のように記載されていますのでご安心を。

スミレ属(Viola)は、スミレ科に含まれる属の一つ。
スミレ、パンジー、ビオラ(ヴィオラ)など多くの種を含む。

Topi
2009/03/03 11:59
こんにちは^^
一輪、ひっそりと咲いてるところが健気です。
よく見つけて写真におさめましたね。
Topiさんの言葉を借りて「飛びスミレ」…よく咲いてくれました☆彡
betty
2009/03/03 12:03
☆nobara☆さま お立ち寄り頂きありがとうございます。

パピリオナケアにそっくりですね
香りを嗅ぐには ほっぺたを地面にビタッーと押し付けないと
嗅げない程のチビだったので諦めました(笑)

nobaraさんちの八重ちゃん 可愛いし沢山花をつけて素敵
今頃はもっと花がいっぱいついているんでしょうねぇ〜西風に乗せてそしてフーフーもしてね(^^♪

Topi
2009/03/03 12:29
☆ああじゃん☆さま お立ち寄り頂きありがとうございます。

>小さくても力強いですね。こんな存在感が欲しいですね。
流石…いい所を突いてこられます、うどの大木は嫌ですものね(^^)

夕方 あのスミレが気になってもう一度行きました。 
場所は確かなのに見つけるのに苦労する程小さくて 改めてその可憐さに感動している私です きっと暇な人だとお思いでしょうねトホホ(笑)
Topi
2009/03/03 13:06
☆betty☆さま お立ち寄り頂きありがとうございます。

健気でしょう、頑張っていますよね♪
幸せと 勇気までもくれているようです  

ワンとワンがあちらこちらに寄り道をするので 
私は一人退屈しています^^;
従っておのずから四方八方をキョロキョロすることになり 時にこんな楽しい思いに遭遇することもあるんですが…大方の場合はせいぜいがマナーの悪い飼い主がフン!と無視していったウ○チを発見する程度のこと
Topi
2009/03/03 13:53
こんばんは。
ニオイスミレですか。
小さくて可憐ですね。
日本の野生のスミレかと思っていました。
コラン
2009/03/03 23:16
☆コラン☆さま お立ち寄り頂きありがとうございます。

コランさまにコメントを頂戴し 改めて日本の野生のスミレを調べてみました。

日本の野生のスミレの多い事! 驚く程種類がありますね。 
これから折に触れ身近なスミレにも注目して行こうと思いました(^^♪

Topi
2009/03/04 00:53
おはようございます♪

パンジーは もうお花屋さんで見かけますけど 露地植えのスミレ! 早いですね〜

香水の原料にも使われるなんて! 良い香りなんですね〜

嗅いでみたいです♪
ゆめみる乙女でいたいな・・・
2009/03/04 07:39
葉っぱはハート型、香りは香水の原料に。なのに種や根茎には毒が…。きれいな花には…なのですね〜。あ、まず食べる人がいないですよね(笑)。
きれいなニオイスミレ、画面を通して香りもこちらに届けばいいのになと思ってしまいました
のんきもの
2009/03/04 10:45
☆ゆめみる乙女☆さま お立ち寄り頂きありがとうございます。

昨日は冷たいみぞれまじりの雨でご帰宅は
寒かったでしょうね(-。-)y-カワイソウ

やっぱりこちらの方が少しだけ「春」の訪れも早いのかもですね。

イギリスのフレグランスのお店に、スミレを主体にした
香水があると聞いていますが…どんな香りでしょうね〜♪


Topi
2009/03/04 11:33
 ☆のんきもの☆さま お立ち寄り頂きありがとうございます。

ニオイスミレのお花は砂糖漬けにしたり サラダにして
食べられるそうですよ
チョコレートケーキの上に可愛い紫色の小さなお花の砂糖漬けが
乗っけてあることがありますね〜♪

そう言えば「ふぐ」も恐い毒があるのに 本当に美味しくて
やめられない…(;一一)ナンカ チガウ カシラ?
Topi
2009/03/04 11:55
ひとつだけあるのがいいですね〜いとおしさも倍です。
我が家の庭にも野生のすみれはあるのですが、においすみれは植えてもすぐ無くなってしまいます・・・
食べられるなんて知らなかったです〜〜こんなに深〜いお話しまであるのですね〜楽しい。
山形ママン
2009/03/05 08:01
☆山形ママン☆さま お立ち寄り頂きありがとうございます。

ヨーロッパの気候は関西よりもむしろ山形の方が近いかなと思ったり、雪の量に違いがあったりするのかも?…いえ あちらは湿度が無いから良いのから???なんて(^^ゞ  ついついニオイスミレについて ありもしない知識を総動員してしまいました(笑)
コンテナーやハンギングでも上手に育てている方も多いので 何とか毎年さくようになるといいですね。

Topi
2009/03/05 12:44
すみれって、図鑑で見ると本当に種類がいっぱいありますね。
それだけ環境や地域に適応していって細分化したということなのでしょう。
そう考えると、はかなげですが意外にガッツのある花かも。
どんな岩肌でも生えてるし。
楚々としてるけど芯が強いなんて、なんて大和ナデシコな花。
すみれにナデシコなんて他の名前を冠して褒めてやっても喜ばないでしょうけど…。
Beehive K
2009/03/08 00:37
☆Beehive K☆さま お立ち寄り頂きありがとうございます。

仰せの通りですぅ目が点になる程あって驚きすね。

花がらを摘める程の大きさでもないので 種がついてしまってパチパチはじけ飛ぶので 庭では邪魔者扱いしがちですが ふと道端で出逢ったりすると とてもいとおしい花です〜♡
ナデシコでは「大和」が付いていても怒るかも知れませんね
でも“ド根性・大根”よりずぅーと前から“ド根性”あるね…って褒めるよりはいいと思いますが(笑)
Topi
2009/03/08 13:21
こんばんは♪ はじめまして
気持ち玉ありがとうございました。
スミレにまつわるお話がとっても楽しかったです。
妖精のようなお花に見えてきますね
大好きなスミレだけどなかなかお目にかからないものです。。
コンデジで綺麗に撮れましたね。
また立ち寄らせてくださいね
コケコ
2009/03/08 18:42
☆コケコ☆さま お立ち寄り頂きありがとうございます。

先程 素晴らしいお写真を拝見させて頂き また魔女さまのお話にもすっかり魅了されて長居をして帰ってまいりました(笑)

>コンデジで綺麗に撮れましたね。
ありがとうございます。 小さいのが嬉しくて最近は手放せませんが、でもやっぱり 物足りない時多々有りです…(^^ゞ

こちらこそ よろしくお願い致します。
Topi
2009/03/08 22:09
今日はTopiさん、初めてお便りします、お元気ですか。いつもあなたのブログを、拝見しているので初めてではないかな。絶妙なトークのTopiさん、どんな人なのかとても興味津々。楽しい人だと思います。
 路傍に咲いた一輪のスミレ、可憐なものですねぇ。Topiさんに似ているのかな。花はそれを愛でる人に、似ると言いますから。
donatadeshoka
2009/03/15 16:39
☆donatadeshoka☆さま はじめまして。

お立ち寄り頂きありがとうございます。

トークはあまり上手ではないとかねてより思っておりますので
今 ちょっとルンルン気分です(^^ゞ
見ていて下さったなんて、とても嬉しい!感謝いたします
路傍に咲いた一輪のスミレに譬えるには 私あまりにガサツ者ゆえ日参して愛でまくっても スミレが気を悪くするだけで決して私に似たいとは思ってくれないでしょうね(笑)悔しいけれど…

早速donatadeshokaさまをお伺いし お便りをさせて頂くべきですが とても短時間では物語を把握する事が叶いそうに無かったので 明日再度お伺いします、ご無礼お許し下さい。 

Topi
2009/03/16 01:20
路傍のすみれ一輪   Topiの窓辺から〜♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる